あるIoTサービスを検討しています。そのサービスに利用するIoTデバイスを検討していたところ、海外製で、希望のスペック(技適マーク無し)に見合うものがありました。日本で無線機器を使う為には、「技術基準適合証明」、いわゆる技適マークが必要なので、自分たちで取得したいと思っていますが可能でしょうか?


電波法 技適 工場設計認証

数個だけなら何とかなるかも知れませんが、大量に取得する場合は、ご相談者さま=輸入される企業、単独では難しいと思います。一般的に言われる技適マークは、厳密に言うと、「工事設計認証」を指す事がほとんどです。取得する場合は、回路図や工場の資料(設計図)、つまり製造業者が持っている資料を用意する必要が有るため、その海外メーカーの協力が必要になります。



まず、技適マークは、特定無線設備(小規模な無線局に使用するための無線設備)が電波法令の技術 基準に適合していることを証明するものです。従って、このマークがない無線機器を使って日本で電波を飛ばす事は法令違反になる場合があります。

技適には大きく分けて2つの取得方法があります。
「技術基準適合証明」・・無線設備(申し込み設備)1台1台ごとを試験等により証明。
「工事設計認証」・・機種(商品の型式・型名)毎に書面(回路図や工場の資料(設計図)を用意し、その製品が出す電波が試験で認証を受ければ、提出書面の通りに生産した他の製品にも、同じ認証を与えるというもの。

大量の使用が想定されるIoTサービスであれば、取得は「工事設計認証」になると思います。製造業者が持ちうるの設計図、製造設備情報などが必要なので、その業者の協力は必須でしょう。尚、登録証明の取得には、総務大臣の登録を受けた機関のみが行うことができます。



IoT開発、IoT試作、新規事業開発にともなうハードウェア開発・商品開発のことなら、お気軽にご相談ください。