ご質問の詳細

医療用に使用するプラスチック製品を100個程度作りたいと考えています。金型を作るほどの量ではないと思うのですが、真空注型で作れるでしょうか?

ご回答

注型で製作する材質と、滅菌処理の内容によります。

詳細解説

医療用に用いるプラスチック製品の場合、滅菌が必要になる部品があると耐熱性が求められますが、真空注型で使用できる樹脂材料はウレタン系かエポキシ系はABSライクのもので、せいぜい90度までです。
滅菌には、いろいろな種類があり、環境も異なりますので、その観点からの判断になります。

また、真空注型で使用する型は、20個程度の製作には耐えられますが、100個となりますと、型を作りなおして注型する必要があります。

他の方法としては、樹脂成形の本番材料を使用するマイクロ波成形(金型不要)、樹脂成形でも簡易金型を使用するなどがあります。

外部CTOのハードウェア開発サービス一覧

■アイデアを事業化へ進めるための3つのプロトタイプ開発サービス

プロトタイプは機能面・外観面・文脈面、3の側面で検討。アイデアを事業提案まで進めるには、実際に動く試作を作り、外観を提示し、顧客の課題解決のためのサービスイメージを企画書に形にする必要が有ります。ラピッドプロトタイピングで、貴社の新規事業の立ち上げを支援します

■フィールドテスト・サービス概念検証(PoC)におけるMVP製作サービス

プロトタイプで顧客課題を検証委した後は、問題解決の為に使われる”必要最小限の機能を有したプロダクト(MVP)”を製作し、ユーザーテスト・フィールドでの概念検証(PoC)を行い、ユーザーからのフィードバックを得ながら、量産時の機能の取捨選択をしていく必要が有ります。

■デバイスの少量 量産サービス 

小ロットでの量産の為の見積・開発のご相談にやってこられるお客様が圧倒的多数を的占めます。IoTなどのハードウェア開発で、少量で量産を始め、その後、大きく事業を育てたいと考える方々に、外部CTOは、10台~1000台/LoTの少量・小規模量産で、開発リスクを削減します。

■事業化に必要なハードウェアの技術検証サービス

顧客課題を解決できそうな有望な製品・サービス・ソリューションアイデアが、「技術的に実現可能か?」という事を、企画・構想段階で検討・検証していく事は必須です。外部CTOは、技術調査、検証・原理試作を行い事業企画の実現可否判断をサポートします。

外部CTOCTA画像