医療用に使用するプラスチック製品を100個程度作りたいと考えています。金型を作るほどの量ではないと思うのですが、真空注型で作れるでしょうか?


注型で製作する材質と、滅菌処理の内容によります。



医療用に用いるプラスチック製品の場合、滅菌が必要になる部品があると耐熱性が求められますが、真空注型で使用できる樹脂材料はウレタン系かエポキシ系はABSライクのもので、せいぜい90度までです。
滅菌には、いろいろな種類があり、環境も異なりますので、その観点からの判断になります。

また、真空注型で使用する型は、20個程度の製作には耐えられますが、100個となりますと、型を作りなおして注型する必要があります。

他の方法としては、樹脂成形の本番材料を使用するマイクロ波成形(金型不要)、樹脂成形でも簡易金型を使用するなどがあります。



IoT開発、IoT試作、新規事業開発にともなうハードウェア開発・商品開発のことなら、お気軽にご相談ください。