ご質問詳細

量産すると1個あたりの費用が安くなると聞きますが、量産とは何個以上のことを言いますか?

回答

「量産」という定義に、「数量」は関係ありません。

量産というのは、「自社ではなく、第三者・顧客・ユーザーが実際の現場・生活の場で使うことを前提として生産するもの」という考え方をしてみましょう。それに対し、「プロトタイプ」「MVP」「試作品」は、ユーザーに渡す量産品を生産する前に、顧客検証や技術検証など各種検証・テストをする為に、開発・製作する物です。5個だとしても小ロットですが、「量産」といえます。

量産効果とは

「量産すれば安くなる」という言葉が独り歩きして、お客様が、「過度に量産効果を期待されている」ことがよくあります。1個の試作品を、100個量産したら、1個あたり原価が相当下がるのではないか?という期待です。

量産効果とは、「製造量を増やせば1個当たりの原価が減少する」ということです。
その理由は大きく2つあります。

(1)部品を大量購入することで部品の1個あたり仕入れ値が下がるから。

電気製品の場合、電子部品など購入品が多くありますが、量をまとめて購入することで、1個あたり安く購入できるということです。

(2)製造費用に占める固定費の割合が下がるから。

固定費 30万円
変動費 70万円
製造原価合計 100万円で、100個製造すると、
1個あたり原価: 100万円÷100個=1万円です。

この体制のまま、200個製造すると、

固定費 30万円
変動費 140万円
製造原価合計 170万円で、200個製造となりますから
1個あたり原価: 170万円÷200個=8,500円です。

量を製造することで、固定費が占める部分が薄くなり、原価が変動費に近づいていくことが「量産効果」です。

ですが、実際の現場では、試作品を1個製作するのに、開発費も含めて、50万円で出来たとして、それと同じ仕様で、100個・1000個製作しようとしても、実際には、単価が100分の1、1000分の1に下がるという事はほぼあり得ません。

厳密に言うと、事業構想・企画フェーズから小ロット量産を前提とした事業の進め方・仕様の策定をせず、大量生産(数万・数十万個レベル)を前提とした製品仕様策定し、その仕様で、少量量産をしても、製品コストは下がりません。大量生産用の金型の製作費用・大量生産用の製造ラインのセットアップ(組立治具・検査治具など)に膨大な費用がかかるためです。

世の中にないものを作る商品開発では、開発費用(デザイン、設計、金型費用など)が必ず発生し、固定費の一部として考えられます。それでも、少量量産に合わせた仕様を最初の段階から策定しておくことが重要です。

具体的には、以下の対応が必要です。

1.部品点数をおさえる設計
2.筐体製作にかかる費用を減らす工夫

外部CTOでは、事業構想・企画の初期段階からハードウェア開発のお手伝いをする事で、小ロット量産でも、出来るだけ単価を下げるような仕様策定の支援をする事が可能です。

電子回路 設計 開発 IoT■デバイスの少量 量産サービス 
小ロットでの量産の為の見積・開発のご相談にやってこられるお客様が圧倒的多数を的占めます。IoTなどのハードウェア開発で、少量で量産を始め、その後、大きく事業を育てたいと考える方々に、外部CTOは、10台~1000台/LoTの少量・小規模量産で、開発リスクを削減します。

 

外部CTOのハードウェア開発サービス一覧

■アイデアを事業化へ進めるための3つのプロトタイプ開発サービス

プロトタイプは機能面・外観面・文脈面、3の側面で検討。アイデアを事業提案まで進めるには、実際に動く試作を作り、外観を提示し、顧客の課題解決のためのサービスイメージを企画書に形にする必要が有ります。ラピッドプロトタイピングで、貴社の新規事業の立ち上げを支援します

■フィールドテスト・サービス概念検証(PoC)におけるMVP製作サービス

プロトタイプで顧客課題を検証委した後は、問題解決の為に使われる”必要最小限の機能を有したプロダクト(MVP)”を製作し、ユーザーテスト・フィールドでの概念検証(PoC)を行い、ユーザーからのフィードバックを得ながら、量産時の機能の取捨選択をしていく必要が有ります。

■デバイスの少量 量産サービス 

小ロットでの量産の為の見積・開発のご相談にやってこられるお客様が圧倒的多数を的占めます。IoTなどのハードウェア開発で、少量で量産を始め、その後、大きく事業を育てたいと考える方々に、外部CTOは、10台~1000台/LoTの少量・小規模量産で、開発リスクを削減します。

■事業化に必要なハードウェアの技術検証サービス

顧客課題を解決できそうな有望な製品・サービス・ソリューションアイデアが、「技術的に実現可能か?」という事を、企画・構想段階で検討・検証していく事は必須です。外部CTOは、技術調査、検証・原理試作を行い事業企画の実現可否判断をサポートします。

外部CTOCTA画像