ハードウェア開発,IoT試作,新規事業開発の支援

新規事業開発,ハードウェア開発

外部CTO.comは、センサー、電気回路、ソフトウェア、通信モジュールの企画・開発・設計・量産・製造・販売,及び、Tech系の新規事業開発コンサルティングを手掛けるアップサイド株式会社が提供する、ハードウェア開発支援サービスです。

このサービスは、センサー機器開発長年の大手エレクトロニクス企業とコラボレーションで手掛けた電子機器開発の実績の中で培ってきたノウハウを、「ものづくり、ハードウェア開発」に不慣れな企業様に提供する事を目的に立ち上げました。
弊社のセンサー設計、電気回路 IC設計、電子機器設計開発ノウハウは、IoTという文脈の中で新たなサービスを立ち上げようとする非製造業・非エレクトロニクス企業・非ものづくり企業・スタートアップが抱える「ハードウェア開発の課題」を適切に解決する事が可能です。

世に多数存在する電子機器受託製造業・センサー、回路設計開発企業やWEB・IT系のIoTシステムベンダーと弊社の圧倒的に違う点は以下です。

・ハードウェア開発の玄人集団
祖業がセンサーデバイス開発/量産・アナログ電気回路、IC設計と量産及びそれらに伴う、ファームウェア・ソフトウェアの開発になり、ハードウェア分野の開発経験が豊富で、現在も多くの大手企業とセンサーデバイス開発コラボレーションプロジェクトが進行中です。

・国内外50社以上の開発ネットワークを使い、幅広い要素技術に対応が可能
例えばIoTサービス開発に必要なハードウェア開発の要素技術は、センサー、アナログ電気回路、無線通信、ファームウェア、アクチュエーター、機械設計、機構筐体設計、プロダクトデザインと多岐にわたります。外部CTO内は、自社のエンジニアでも対応できない技術があれば、国内の50社以上の技術パートナーと積極的に連携して、開発を完遂させます。

・IoTシステムの初期実証実験システムを安価に迅速に構築可能
ハードウェア・ものづくり系開発企業には珍しく、WEBサーバー側のシステム開発経験が豊富で、特にIoTサービスなどの初期実証実験の為のIoTシステムを迅速に立ち上げる事が可能です。

・ジョブ理論をベースとした新規事業開発コンサルティングサービスの提供
よくあるような顧客から言われた仕様のモノ・システムをただ作るのではなく、顧客の事業の成功を念頭に置き、事業開発フェーズにおいて、最適な仕様要件を顧客と共に考えて行きます。
※ジョブ理論:ハーバード大のクリステンセン教授が提唱するイノベーションを生み出すための理論

近年、アップル社のようなハードウェア企業のソフトウェア事業の拡大や、グーグル社のようなソフトウェア企業のハードウェア事業の参入など、ハードとソフトの垣根が崩れてきています。その為、ハードウェア・ソフトウェアを上手く取り入れ顧客の課題を解決するサービス事業を開発する志向が当たり前となり、これまでものづくり、ハードウェア開発の経験のない、サービス企業の新規事業開発担当者様からのハードウェア開発相談が、日に日に増しています。

外部CTO.comでは、そのような、新規事業を立ち上げ、既存事業の再構築に挑戦しようとしているイノベーターの皆様を、ハードウェア開発をキーワードにご支援していきます。

運営企業:アップサイド株式会社 (コーポレートページ:http://www.appside.jp/

所在地:東京都中央区日本橋本町4丁目10番7号 トミヤマビル 4階

外部CTO 受託開発 ものづくり ネットワーク