IoT試作 組み込みソフトウェア受託開発

ファームウェア開発は、ハードとソフト開発経験の2つを併せ持ち、総合的な問題解決能力が必要

外部CTOは、ワンチップマイコンのファームウエアからPCのアプリケーションまで幅広く組み込みソフトウエア設計・開発受託の実績があります。また、組み込みソフトウエア設計以外にも以下のような内容も一緒に受託開発できるので、事業企画のご担当者様は、一気通貫で、ハードウェアデバイス開発を委託する事が可能です。

ハード・ソフト合わせた仕様検討/仕様提案
最適なアナログセンサーデバイスの選定
アナログ・デジタル回路設計
基板設計
筐体、機構設計と試作製作、及び動作検証

外部CTO.comの電子回路・組み込みソフトウェア・電子基板設計、開発、製造サービス

組み込みソフトとは?

定義は明確ではありませんが、外部CTOでは、「特定用途向けに特化、限定した機能を果たす事を目的とした機器=組み込み機器に搭載されて動作するソフトウェア(プログラム)」としています。
家電でいえば、デジタルカメラ、エアコン、テレビ、電子レンジ、冷蔵庫などがを思い浮かべてみて下さい。その特定の用途の機器を制御し、目的の機能を実現するためには、それらの機器に内蔵されるセンサーや電気回路を制御するマイコン(MCU・MPU)に、書き込まれるプログラムが組み込みソフトウェアです。設計・開発した企業・エンジニアでないと簡単に書き換えられない為、「ファームウェア」と呼ぶ場合もあります。
IoTで活用されるスマートデバイスにも組み込みソフトウェアが入っています。

組込みソフトウェア開発の難しさ

CPU、MCU(マイコン)技術を利用したファームウェア(機器組み込みソフトウェア)は、特性のハードウェアで動作したり、チップ専用アセンブラなどで開発することになります。そのため、開発環境の構築や、効率的なアセンブル、コンパイル、デバッグのためのツール作成が必要になる場合も多々あります。ファームウェアの開発技術は、ハードウェアの知識、ファームウェアの知識と技術以外に、開発システムでの問題解決能力が必要となります。

一般的に、ソフトウェア技術者を見ると、ファームウェア分野の技術者の方が、WEB・アプリケーション分野の技術者よりも、より、経験の豊富なベテランの活躍が目立つように見えます。その証拠に、ハードウェアを熟知したファームウェア開発が可能なエンジニアというのを探すのは本当に苦労します。開発やデバッグのための知識、経験が、ファームウェア開発に欠かせない為です。(決してWEB・スマホアプリケーションの開発が簡単であるとはいえませんし、アプリケーションの開発には、別の最新の沢山の知識を必要としています)。

外部CTOの組み込みソフトウェア開発の強み

①ベテランエンジニアの長年の経験が貴社の課題を解決
組み込みソフトウェアの開発は、センサーや回路の特性、使用するマイコンの特徴も考慮してプログラムを組む必要があるため、初心者ではなかなか簡単にはいかず、経験・技術がモノを言う世界です。外部CTOでは、20年以上の各分野のベテランエンジニアが一気通貫で設計開発をします。

②ハードウェア設計と組み込みソフトウェア設計を一気通貫で対応

外部CTO.comでは、ハードウエア設計(アナログ回路設計・電子基板設計)ができるエンジニアが組み込みソフトウエア設計も担当します。組み込みソフトウェアのベースとなる回路とそれを使った組み込みソフトウェアを同じエンジニア、又は弊社内で開発するので、開発効率向上=納期短縮、バグの少ないファームウエア=信頼性のおけるデバイスを提供できます。

外部CTOサービス一覧

中小企業の経営層・事業開発担当者向けに、新規事業開発を行う上で必須の視点である ジョブ理論 講座と事業企画ブラッシュアップセッションを行い事業開発のスタートを後押し。さらに、事業開発を進める中で定期メンタリングを行い、事業開発の停滞を防ぎ、成長への加速支援を行います。
プロトタイプは機能面・外観面・文脈面、3の側面で検討。アイデアを事業提案まで進めるには、実際に動く試作を作り、外観を提示し、顧客の課題解決のためのサービスイメージを企画書に形にする必要が有ります。製品開発での最初に動くものを素早く作るラピッドプロトタイピングで、貴社の新規事業の立ち上げを支援します。
プロトタイプで顧客課題を検証委した後は、問題解決の為に使われる”必要最小限の機能を有したプロダクト(MVP)”を製作し、ユーザーテスト・フィールドでの概念検証(PoC)を行い、ユーザーからのフィードバックを得ながら、量産時の機能の取捨選択をしていく必要が有ります。
電子回路 設計 開発 IoT■デバイスの少量 量産サービス 
小ロットでの量産の為の見積・開発のご相談にやってこられるお客様が圧倒的多数を的占めます。IoTなどのハードウェア開発で、少量で量産を始め、その後、大きく事業を育てたいと考える方々に、外部CTOは、10台~1000台/LoTの少量・小規模量産で、開発リスクを削減します。
顧客課題を解決できそうな有望な製品・サービス・ソリューションアイデアだとしても、そもそも、それは「技術的に実現可能か?」という事を、企画・構想段階で検討・検証していく事は必須です。外部CTOは、技術・開発パートナーのネットワークを通じ技術調査・原理試作を行い事業企画の実現可否判断をサポートします。

外部CTO 受託開発 ものづくり ネットワーク