「技術的に実現可能か?」を貴社に代わって検証

事業開発の最初の段階では、自社技術シーズ起点、顧客の困りごとを起点(顧客ジョブ起点・顧客ニーズ起点・マーケットイン・ニーズ起点)をベースにしたアイデアが多数生まれます。

特に、顧客の困りごとを起点とした場合、仮に顧客の課題を解決できそうな有望な製品・サービス・ソリューションアイデアだとしても、そもそも、それは「技術的に実現可能か?」という事を、企画・構想段階で検討・検証していく事は必須です。

外部CTO.comでは、開発前の企画段階で、技術的に実現可能かどうかは、これまでの実績と長年のベテランエンジニアによって、凡そ技術的に実現可能かどうか判断できる事が多いです。一般的な電子部品の調達・材料加工方法で実現可能であると判断できれば、すぐに、プロトタイピングに進めるでしょう。

一方、判断できない場合は、「これまでのノウハウからの判断」「簡単な技術調査」「原理試作」という形で、まずは、実現性について調査を行う事が可能です。

STEP1:これまでのノウハウから判断、又は、技術調査

外部CTOのこれまでのノウハウ・知見を元に判断できるご依頼もあれば、どのようにすれば、実現できるのかに関して、こちらでも経験が無いものに関しては、事前の情報収集・調査に時間(工数)をかける必要が有ります。調査に関しては、ご依頼内容によって、無償で出来る、有償での対応になるが分かれます。基本的には、弊社の国内外パートナー開発企業・電子材料メーカー・電子部品商社・OEM工場・大学や国の研究機関のエンジニアなどのネットワークを通じての調査であれば、無償で調査は可能です。それでも判断できない場合は、相当数の調査工数が必要に鳴る可能性がある為、有償での対応になります。詳しくは、お打合せ時、お客様の事業開発の現状などをお伺いしたうえでご相談させて頂きます。

【STEP1:アウトプット】不確定要素のご提示と不確定要素をクリアにする為の進め方のご提示

STEP2:原理試作仕様のご提示

STEP1でご提示した不確定要素をクリアにする為の検証項目を検討し、必要であれば簡単な予備実験を行い、原理試作の内容・スケジュールの検討を行います。

【STEP2:アウトプット】検証の為の試作仕様(原理試作仕様)、その為の試作見積のご提示

STEP3:原理試作実施

STEP2を元に、試作を行います。この段階では、出来るだけ、市販の部品などを使って試作を実現します。出来上がったモノは、機能プロトタイプとして、企画会議などで使用する事も可能になります。

【STEP3:アウトプット】原理試作品の納品

これまでの原理試作の事例

守秘義務に抵触しない範囲で、これまでの事例をご紹介します。

①ビールジョッキ内の残量を安定的に計測する仕組み

お客様の状況:

飲食店向けシステム開発を行うベンチャー企業が、居酒屋の売り上げを上げるためのサービスを検討で、外部CTO.comに相談にいらっしゃいました。。顧客調査・ヒアリングの結果、店員が、ビールジョッキが空になりそうなタイミングで、おかわりの声掛けをすると、もう一杯注文が促進され、そのテーブルの卓単価が凡そ10%あがる事が分かった。現状は、人手不足・店長の指導不足等の要因で、各テーブルをこまめにチェックする事が難しい為、店員からの自発的な声掛けが徹底されていない。

検証したい内容:

ビールジョッキに後付け可能で、出来るだけ安価に、ビールが空になっているかどうか、自動で通知出来る仕組みには、どのような内容があるか検証したい。

検証内容と結果:

1、非接触薄型の静電容量フィルムセンサーをジョッキに貼りジョッキ内の液量検知をする方式
一般的に、レベルセンサーというモノで産業用途で使われているが、フィルムを活用した静電容量センサーの場合、その静電容量変化の原理上、ジョッキに着いた水滴などで誤検知してしまう問題がある。また、後付けのフィルムを何度も剥がして貼ったりするようなセンサーの開発は、可能性がゼロではないが、材料メーカーとのコラボレーションなど、新規センサーデバイス開発にまで踏み込む必要が有る。その為、今回の主旨には合わないと判断。尚、後付けの静電容量フィルムセンサーで液体検知センサーを活用するには、センサー自体が安価に製造する事がいまだ難しい為、医療用途など、検出する液体の単価が高い方が導入されやすいという報告も合わせて行った。

2、重量センサー付きコースターで重さを計る
そもそも、顧客が、ビールジョッキをコースターに置かない事が多いので、NG。技術的には、機構部品が入るようなセンサーにした場合、単価が上がる為、今回のシチュエーションには合わないと判断。

加速度センサー 応用例 ビール 残量検知

3、加速度センサーを取り付け、飲む際のビールジョッキの角度と残量の相関式作る
ビールジョッキに取り外し可能な加速度センサーを設置。ビールが手に取られてから、テーブルに置かれるまでの間の最大角度をBLEでタブレットに送信する仕組みを検証。残量が何パーセント残っているかまでの検出は難しいが、空になりそうな状況かどうかについては、タブレット側のソフトウェアに、最大角度の閾値を設定する事で、見える化出来る可能性が一番高いと判断。プロトタイプを製作した。

 

②ある容器にある細かな泡の数を、一般的な機器で計測する仕組み

お客様の状況

ある容器に入った泡のきめ細やかさについて管理をしている。これまでは、容器の汚れ具合や、室内温度、見た目など、人によって判断していたが、
その泡のきめ細やかさ判定を人による定性的な判断ではなく、定量的に管理したい。

検証したい内容:

一般的は汎用の機器で、手軽に泡の数を数えたい。

実施した検証内容

機械学習による液体の泡の計測の画像とアプリ画面

学習を重ねる度に、計測できる泡の数が増えていく様子

制約条件として、「新たにハードウェアの大規模な開発をする事は出来ない」という事であったため、汎用的なデバイスであるスマートフォンのカメラに市販の60~120倍のスマホ用拡大鏡を取り付け、透明の容器越しにで泡を撮影。撮影した画像を、OPENCVで公開されている画像解析機械学習アルゴリズムを応用して、泡の数を数える事に成功。機械学習(この画像には泡があ何個あるかを教え込む)の量に従って、正確に泡の数を数えられるようになった。本件の肝は、アルゴリズムではなく、泡の撮影条件(特に撮影時の光りの当て方)を一定にする事であった為、専用のスマホカメラ固定治具を作成し、アプリを開発する事で定量測定は可能性が十分あると報告(但し、さらに精度をよくしていくなどの課題も新たに浮かび上がった)

検討している製品・システムは実現可能か?まずは、相談してみるし

 外部CTOサービス一覧

中小企業の経営層・事業開発担当者向けに、新規事業開発を行う上で必須の視点である ジョブ理論 講座と事業企画ブラッシュアップセッションを行い事業開発のスタートを後押し。さらに、事業開発を進める中で定期メンタリングを行い、事業開発の停滞を防ぎ、成長への加速支援を行います。
プロトタイプは機能面・外観面・文脈面、3の側面で検討。アイデアを事業提案まで進めるには、実際に動く試作を作り、外観を提示し、顧客の課題解決のためのサービスイメージを企画書に形にする必要が有ります。製品開発での最初に動くものを素早く作るラピッドプロトタイピングで、貴社の新規事業の立ち上げを支援します。
プロトタイプで顧客課題を検証委した後は、問題解決の為に使われる”必要最小限の機能を有したプロダクト(MVP)”を製作し、ユーザーテスト・フィールドでの概念検証(PoC)を行い、ユーザーからのフィードバックを得ながら、量産時の機能の取捨選択をしていく必要が有ります。
電子回路 設計 開発 IoT■デバイスの少量 量産サービス 
小ロットでの量産の為の見積・開発のご相談にやってこられるお客様が圧倒的多数を的占めます。IoTなどのハードウェア開発で、少量で量産を始め、その後、大きく事業を育てたいと考える方々に、外部CTOは、10台~1000台/LoTの少量・小規模量産で、開発リスクを削減します。
顧客課題を解決できそうな有望な製品・サービス・ソリューションアイデアだとしても、そもそも、それは「技術的に実現可能か?」という事を、企画・構想段階で検討・検証していく事は必須です。外部CTOは、技術・開発パートナーのネットワークを通じ技術調査・原理試作を行い事業企画の実現可否判断をサポートします。

外部CTO 受託開発 ものづくり ネットワーク