MVPを作製しながら量産時の仕様を決定していく

事業構想・企画段階で、仮説として立てた顧客課題が、ターゲット顧客とって本当に切実な課題なのかどうかを検証するためには、その顧客へのインタビューをしながら進める必要が有ります。その際は、外観・機能・文脈プロトタイピングや、技術的課題を確認する原理試作で製作した実際の動くモノ・カタチとして見える資料・サンプル用います。その顧客課題検証で、ユーザーの悩み事(custmer problem)が明確になり、それを解決する為の具現化が可能な製品機能・ソリューション(solution)が明確になってきます。(problem-solution-fit)

つまり、プロトタイピングは、量産性はあまり考慮をせず・また、顧客検証時も、実際にお客様の手に取ってもらう事はするものの、あくまで、インタビューや打合せ・商談時のデモンストレーションとして使い、ユーザーの課題が存在するのか、その課題を解決するための最適なソリューションの方向性は何か?といった事の検証に重点を置きます。

さらに、この段階から量産化に向けては、後戻り(仕様変更など)が困難になる「ハードウェアの本格的な量産開発」の前段階で、出来るだけ成功確率を高めなければなりません。

MVPは量産の仕様を「明確にするための第一歩その為に、実際に顧客の問題解決の為に使われる”必要最小限の機能を有したプロダクト(MVP:Minimum Vaiable Product)”を製作し、ユーザーテスト・フィールドでの実サービスと同じようにデバイスをお客様に渡して、実際に現場で使ってもらう概念検証(PoC)を行い、ユーザーからのフィードバックを得て、量産時の機能の取捨選択をしていく必要が有ります。このプロセスを十分に経ず、机上の仮説を元にハードウェアの量産仕様を作ってしまい、量産へ開発を進めてしまう事が一番危険です。

PoC・フィールドテストをする際に検証事項として、サービス運用面での問題や顧客要望の機能を検討する事もちろんの事、技術面では、耐久性・使用条件(温度湿度条件、耐候性、電源供給の条件など)など、ハードウェア特有の技術確認点があります。従って、MVP(Minimum Vaiable Product)開発には、機構設計技術者、電子機器回路設計者、ファームウェア開発などのハードウェアエンジニアが量産性も考慮した開発設計の対応をする必要が有ります。

■MVP(Minimun Vaiable Produtc)を開発し、フィールドテストで確認すべき基本的な事項
・サービス運用面での課題
・顧客の要望の機能とそれを提供する際の製造コストや追加開発コストのバランスを検討
・耐久性・使用条件(温湿度条件など)、ハードウェア特有の技術確認

さらに、量産性を考慮するのであれば、調達のしやすさから部品選定を行ったり、サプライチェーンマネジメント(SCM)が重要になってきます。経験ある、電子機器メーカーであれば当たり前のことですが、スタートアップやハードウェア開発の経験が無い事業者では、これが後回しにされがちになります。部材の仕入れから、製品の製造、在庫管理、出荷といった一連の工程を効率よく管理する為に、外部の専門家と積極的に連携する必要が有ります。

熟練のハードウェアエンジアを擁し、多くのハードウェア開発プロジェクトのマネジメントを行ってきた外部CTOでは、事業開発のプロジェクトにおけるハードウェア開発部分を、貴社に代わって担う事が可能です。

よくあるMVP事例とそれに対しての外部CTOのソリューション

【課題】これまでは、プロトタイプとして、Arduinoやラズベリーパイの汎用マイコンボード、ブレッドボードとジャンパー線を使って何とか、回路を組んでシステムを動作させてきた。今後、実際にフィールドテスト・PoCを行うにあたり、ユーザーの使用に耐えうるMVPを製作したい。しかし、ハードウェアの専門家がいない為、量産性・安全性・信頼性・耐環境性などを考慮した設計が出来ていないので、外部の経験豊富なエンジニアの力を借りたい。
【外部CTO対応】量産へ向けて、プロジェクトを一貫して支援
・目的・予算・プロジェクトスケジュールをヒアリングし、量産へ向けたステップを提案。
・機能を分解し、それが果たせるMCU(マイコン)・通信モジュールを選定しながら、回路設計
・PCB基板設計・製作(初期は数枚)
・筐体の機構設計の見直し
費用:500,000~ 内容・予算により見積検討致します。

実際のMVP製作・PoC実施事例

「2次会用途向け 居酒屋空席可視化サービス」のフィールドテスト

居酒屋の店長が、空席時に手元のIoTボタンを押すと、大手予約サイトに空席情報が反映されるシステム
IoTボタンのMVP開発と予約サイトへの連携システムの開発を行う。
フィールドテストの為のIoTボタン開発事例

外部CTOの考慮ポイント

・プロトタイプのヒアリング得た情報から、IT知識に長けていない店長でも簡単に使いやすくするために3G通信機能を選定
・ボタン自体のオリジナルデザイン案は策定したが、実際にそのサイズの筐体を作製すると費用がかさむため、筐体のみ、数百円の市販玩具を解体し、そのボタン機構部品を流用。その他の電子基板や3Gモジュールは量産性・信頼性・安全性を考慮した設計をした。
・デバイスと、予約サイトのサーバーを連携させるデータサーバーとAPIを一気通貫で開発。
IoTボタンを格安で作る筐体設計に苦労した

ハードウェア開発のプロに、量産へ向けた進め方・見積もりの相談をしてみる

 外部CTOサービス一覧

中小企業の経営層・事業開発担当者向けに、新規事業開発を行う上で必須の視点である ジョブ理論 講座と事業企画ブラッシュアップセッションを行い事業開発のスタートを後押し。さらに、事業開発を進める中で定期メンタリングを行い、事業開発の停滞を防ぎ、成長への加速支援を行います。
プロトタイプは機能面・外観面・文脈面、3の側面で検討。アイデアを事業提案まで進めるには、実際に動く試作を作り、外観を提示し、顧客の課題解決のためのサービスイメージを企画書に形にする必要が有ります。製品開発での最初に動くものを素早く作るラピッドプロトタイピングで、貴社の新規事業の立ち上げを支援します。
プロトタイプで顧客課題を検証委した後は、問題解決の為に使われる”必要最小限の機能を有したプロダクト(MVP)”を製作し、ユーザーテスト・フィールドでの概念検証(PoC)を行い、ユーザーからのフィードバックを得ながら、量産時の機能の取捨選択をしていく必要が有ります。
電子回路 設計 開発 IoT■デバイスの少量 量産サービス 
小ロットでの量産の為の見積・開発のご相談にやってこられるお客様が圧倒的多数を的占めます。IoTなどのハードウェア開発で、少量で量産を始め、その後、大きく事業を育てたいと考える方々に、外部CTOは、10台~1000台/LoTの少量・小規模量産で、開発リスクを削減します。
顧客課題を解決できそうな有望な製品・サービス・ソリューションアイデアだとしても、そもそも、それは「技術的に実現可能か?」という事を、企画・構想段階で検討・検証していく事は必須です。外部CTOは、技術・開発パートナーのネットワークを通じ技術調査・原理試作を行い事業企画の実現可否判断をサポートします。

外部CTO 受託開発 ものづくり ネットワーク