IoT時代では、電子機器をはじめ、あらゆるモノがネットワークに繋がっていき、繋がらないモノほうが小数になるでしょう。機器開発においても、その事を念頭に、既存の機器に通信機能をつけ加えたり、新規開発に必ず通信モジュールを搭載するといった動きが加速しています。

外部CTOでは、既に様々なプロジェクトでWiFi通信・Bluetooth/BLE通信・LoRaWANや920Mhz帯の通信、いわゆるLPWA(Low Power Wide Area)に対応したモジュール・ファームウェアの開発の実績を積んでおり、ご要望に迅速にお応えできる開発体制を整えています。

外部CTO 対応通信 LPWA Bluetooth WiFi  3G

■対応無線通信規格

無線LAN(Wi-Fi)

無線LANは、IEEE(電気電子学会)が定めた無線LANの国際規格の総称「IEEE 802.11」という規格に準拠したワイヤレスの通信規格です。多くの人には「無線LAN=Wi-Fi(ワイファイ)」で認識されてるでしょう。ただ、基本は、IEEE 802.11の準拠機器の中でも、「Wi-Fi Alliance」という業界団体の認証を取得した機器のみに付与されるマークです。
外部CTOでは、無線で繋がっていない既存製品を分解して、WiFiモジュールを取り付け、素早く・安くIoTプロトタイプを製作するなどで、貴社の事業開発のスピードアップを図ります。

BLE (Bluetooth Low Energy)  及び Bluetooth

Bluetoothと言えば、ヘッドフォンやスピーカー、マウスやキーボードなどで使われる無線技術として、一般の方にも広く認識されています。BluetoothとBLEとその違いは「消費電力」と「通信速度」です。BLEがIoTデバイスに非常に多く採用されている理由は、「通信速度は遅くて大容量のデータは送れないけど省電力である」からです。尚、BLEは、Bluetoothの名前を冠していますが、技術的には全く別のモノとして考える必要が有ります。

3G・LTE

Wi-FiもBLEもそれ単独ではインターネットに接続できません。いずれも、スマートフォンやIoTゲートウェイを介して接続します。それに対して、3G/LTEは、スマートフォンでの通信にも使われ、さらに接続の際に面倒な設定は必要ないので、基本的には、電源を入れれば常時インターネットに接続が可能で、機能面、ユーザービリティ面では、IoTデバイスに最適です。但し、通信接続費用・通信モジュール部品の価格の高さ、技適が取得されているモジュールの少なさなどから、IoTデバイスの導入には検討の余地があります。

LPWA (Low Pwer Wide Area)

LPWAは通信規格の名称ではなく、LPWA(Low Power=省電力、Wide Area=広域エリア)の名前の通り、低消費電力で広い領域(キロメートル単位)を対象にできる無線通信技術の総称です。BLEやWiFiに比べより広域のエリアをカバーでき、3Gに比べ、省電力で、通信モジュールの単価も安くなるという事で、IoTに相性が良いとして、近年注目を集めています。外部CTOでは、LPWAの中でも、LoRAWANや、920Mhz帯の通信モジュール開発実績があるため、特定用途のIoTシステムを迅速に立ち上げる際の開発支援が可能です。

外部CTOでIoTデバイスの開発ご相談に来るお客様の半数以上は、通信関連についてのご相談

過去に受けたご相談の中から、通信関連の話題を、秘密保持契約に抵触しない範囲で、ご紹介します。

BLEやWi-Fiより広域の通信をするには?

BLEとBluetoothの違いって何ですか?

3G通信とWiFi通信、どちらがIoTデバイスに最適ですか?

IoTデバイス開発をする上で気にしなければいけない法律は何ですか?

技適マークが無い海外メーカーのIoTデバイスを輸入して、自社で技適取得して、日本で販売できますか?

 

外部CTOサービス一覧

中小企業の経営層・事業開発担当者向けに、新規事業開発を行う上で必須の視点である ジョブ理論 講座と事業企画ブラッシュアップセッションを行い事業開発のスタートを後押し。さらに、事業開発を進める中で定期メンタリングを行い、事業開発の停滞を防ぎ、成長への加速支援を行います。
プロトタイプは機能面・外観面・文脈面、3の側面で検討。アイデアを事業提案まで進めるには、実際に動く試作を作り、外観を提示し、顧客の課題解決のためのサービスイメージを企画書に形にする必要が有ります。製品開発での最初に動くものを素早く作るラピッドプロトタイピングで、貴社の新規事業の立ち上げを支援します。
プロトタイプで顧客課題を検証委した後は、問題解決の為に使われる”必要最小限の機能を有したプロダクト(MVP)”を製作し、ユーザーテスト・フィールドでの概念検証(PoC)を行い、ユーザーからのフィードバックを得ながら、量産時の機能の取捨選択をしていく必要が有ります。
電子回路 設計 開発 IoT■デバイスの少量 量産サービス 
小ロットでの量産の為の見積・開発のご相談にやってこられるお客様が圧倒的多数を的占めます。IoTなどのハードウェア開発で、少量で量産を始め、その後、大きく事業を育てたいと考える方々に、外部CTOは、10台~1000台/LoTの少量・小規模量産で、開発リスクを削減します。
顧客課題を解決できそうな有望な製品・サービス・ソリューションアイデアだとしても、そもそも、それは「技術的に実現可能か?」という事を、企画・構想段階で検討・検証していく事は必須です。外部CTOは、技術・開発パートナーのネットワークを通じ技術調査・原理試作を行い事業企画の実現可否判断をサポートします。

外部CTO 受託開発 ものづくり ネットワーク